TAHITIAN DANCE(タヒチアンダンス)

タヒチアンダンスには、大きくわけて三つの種類があります。
RevaPolynesiaでは、全ての種類のタヒチアンダンスをレッスンしております。

■ アフロア

タヒチ語で「ドレス」という意味があり、ドレスを着て優雅にゆったりと踊れる種類になります。
ハワイアンフラの美しさとはまた違い、フレンチポリネシア独特の曲調に合わせ、女性の体や内面から溢れ出る美しさを使って、歌詞を表現するダンスです。
年齢をいくつ重ねても、無理なくずっと踊って頂けますので「タヒチアンダンス」の激しいイメージや、ご年齢を考えて敬遠されていらっしゃる方にも大変オススメです。

タヒチアンダンス

■ アパリマ

「演じる手」という意味があり、軽快でアップテンポの曲に合わせて、ハンドモーションで歌詞を表現しながら踊る種類になります。
楽しげな曲調は踊る側も見る側も楽しい気持ちにさせてくれる、タヒチアンダンスならではの種類です。
タヒチアンダンスを始める時の入り口としてもオススメです。

タヒチアンダンス

■ オテア

タヒチならではのドラムビートに合わせて、ステップとハンドモーションで強弱をつけながら激しく踊る種類です。
イメージ的にはココナッツブラと腰ミノ(正式にはモレ)姿で歓迎の際に踊る情熱的なダンス、と言えばすぐに思い出される方も多いかと思います。
こちらはある程度基本ステップを習得されてからの受講をオススメします。

タヒチアンダンス

 

※タヒチアンダンスを始めるのに、年齢的な面で早い遅いはありません。
三つの種類から、ご自分に合った種類だけを選択して受講されても良いですし、アパリマ→アフロア→オテアと、レベルアップと共に受講される種類を変えていくのも良いと思います。
また、タヒチアンダンスには、気になるボディーラインをピンポイントで引き締めていく動きや、リンパの流れを良くする動きであったり、姿勢を良くする=背中のお肉をシェイプする動きもあります。
本格的タヒチアンダンスを踊りながら、美しいボディーラインと健康を手に入れませんか?

 

RevaPolynesiaでのレッスンは、全て国内仕込ではなく、本場タヒチのタヒチアンダンスです。
基本ステップ、応用ステップは毎回、曲は2~3ヶ月に1曲ペースで、仕上げていきます。
振りを覚えるペースには個人差がありますので、個別レッスンや特別レッスン枠も設けております。
また、タヒチアンダンスには、ボディラインを美しく整える効果が沢山あります。